コンテンツへスキップ

老人ホームの介護施設について

老人ホームの中にはグループホームという介護施設もあります。

グループホームとは、「認知症対応型共同生活介護」というのがその正式名称です。

1ユニット5~9人程度で共同生活を営む住居がグループホームであり、スウェーデンなどの北欧諸国からはじまった小規模の介護施設です。

小規模、少人数の生活環境を提供することによって、認知症高齢者の潜在力が引き出されることが大きな特徴です。

また、身体機能の低下などにより自炊ができなくなった高齢者や、在宅での独立した生活が不安である高齢者、また家族の援助が困難な高齢者が入所するケアハウスという施設もあります。

食事や入浴などの生活支援サービスをうけられるケアハウスですが、介護サービスが必要な場合には介護保険を利用することが一般的のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です